• HOME
  • >
  • [2021年03月15日] 魅力いっぱいの加圧トレーニング(ライター:國分苑子)
  • [2021年03月15日] 魅力いっぱいの加圧トレーニング(ライター:國分苑子)

    短時間で、短期間で、軽い負荷で大きな効果が期待できるトレーニングをご存知ですか?
    それが「加圧トレーニング」です。
    加圧トレーニングはダイエット、ボディメイクのみならず、回復力アップ、アンチエイジング、血行促進効果など様々な効果が期待でき、トレーニング初心者の方からアスリートの方まで、幅広い目的・年齢の方におすすめできる、魅力いっぱいのトレーニングなのです。

    【加圧トレーニングの5大効果】

    ①シェイプ
    ②アンチエイジング
    ③回復力アップ
    ④筋力アップ
    ⑤血行促進

    加圧トレーニングとは?

    加圧トレーニングとは、専用のベルトを腕の付け根や脚の付け根に装着し、「適切に血流を制限しながら行うトレーニング方法」のことです。
    鍵となるのは加圧トレーニングで分泌される「成長ホルモン」。
    この「成長ホルモン」が通常のトレーニング以上の様々な効果を引き出しています。
    実はこの加圧トレーニングを発明したのは日本人。法事で正座をしていた時に思いついたという発明者の佐藤義昭氏が、50年以上の試行錯誤と研究の結果、「加圧トレーニング」として日本で誕生し、現在では世界50か国以上で実施されています。

    成長ホルモン分泌のメカニズム

    加圧トレーニングと通常のトレーニングとの違いは、血流制限によって「乳酸が貯まりやすい」ことです。通常のトレーニングでも乳酸は発生しますが、血流に乗って運ばれます。血流を適切に制限した状態では、乳酸が筋肉内にどんどん貯まっていきます。加圧をしない場合の最大2倍の乳酸が貯まると言われています。これにより、成長ホルモンが大量に分泌されるのです。

    加圧トレーニングは簡単で楽?それとも辛いの?

    短時間で軽い負荷でできるから楽なトレーニングというイメージもあるかもしれません。
    逆にベルトで締めるから痛そう、大変なのではないか・・・と、初めての方は不安に感じる方も。
    こちらは目的やトレーニングのやり方にもよりますが、しっかり乳酸を貯めると、まるで高重量のダンベルを持っているかのようにきつく感じます。
    普段は周りが驚くほどの重いダンベルを使っているボディビルダーが、加圧トレーニングでは女性が行えるほどの軽い重量を、まるで演技をしているかのように辛そうに行っていることもあるほどです。
    しかし、軽い負荷なので実際には筋肉や関節への負担は少なく、1種目に要する時間も約5分前後と短いので頑張れるのです。また、資格を持っている加圧トレーナーがマンツーマンで指導するスタイルが多いので、1人では不安、続かないという方も加圧トレーニングであれば、継続しやすいのではないでしょうか。

    ゴールドジムで実施中!加圧サイクル®トレーニング

    ゴールドジムでは、加圧トレーニングの中でも自動加圧除圧プログラム搭載機器を使った、加圧サイクル®トレーニングを実施しています。自動で30秒に1回除圧すること、徐々に圧が上昇することで血管のウォーミングアップを行いながら安心・安全にできることが加圧サイクル®の特徴です。
    様々な目的・幅広い年齢層の方が加圧トレーニングの魅力や効果を実感して継続してくださっており、その数は1か月に約2500件以上にもなります。

    お客様の声

    加圧トレーニングによる嬉しいお声をたくさんいただいています。血行促進効果によって「肩が凝っていたけど軽くなった」「代謝が上がり、その後の汗のかき具合がいつもと違った」「冷え性だがその日の夜は脚が冷えなかった」と1回の体験でもすぐに変化を感じられた方も。
    また、週1~2回など定期的に継続することでさらに大きな効果を実感されています。「体脂肪が落ちてベルトの穴が2つ減った」「筋肉がついて鏡を見るのが楽しみ」といった外見の効果や、「怪我が回復しフルマラソンに挑戦します」「健康診断で数値が良くなり、血圧が安定した」「長年治らなかった肩こりが解消した」という身体の不調が改善したなど、様々な効果を感じていることがトレーニングの継続にも繋がっているようです。

    より効果をアップするアイテムとして、加圧トレーニングを普段のトレーニングにプラスしてみませんか?1人では不安な方も、資格を持っている加圧トレーナーが指導してくれるので、安心して実施できます。魅力いっぱいの加圧トレーニングに、ぜひチャレンジしてみてください!

    作成:國分 苑子(ゴールドジムトレーナー)
    プロフィールリンク

       

    コメントを残す