• HOME
  • >
  • [2021年03月15日] 長寿大国の日本の落とし穴(ライター:藤谷周平)
  • [2021年03月15日] 長寿大国の日本の落とし穴(ライター:藤谷周平)

    長寿大国の日本の落とし穴

    日本は世界の中でも長寿大国と言われる国で平均寿命が男女共に80歳以上あります。
    この数字だけを見ると日本はとても健康な国であると言えます。
    ですがこの数字には大きな落とし穴がある事を皆様はご存じでしょうか?

    健康寿命とは?

    日本は世界でも稀に見る長寿大国である事は国民のほとんどの方がご存じだと思います。
    確かに平均年齢が男女共に80歳以上という数字は驚異的です。ですがこの数字には多くの方が気付いていない大きな落とし穴があります。

    人間には寿命とは別に「健康寿命」という物が存在します。健康寿命というのは文字通り個人が健康で暮らせる寿命を示します。
    自分で不自由なく生活出来る状態の事です。こちらの観点からみると日本人の健康寿命は10歳以上も下がってしまうと言われています。
    簡単にいうと10年以上誰かの手助け無しでは生活の出来ない身体になってしまう可能性があるという事です。

    またこちらの数字は現在のご高齢の方々の統計であり、近年海外の食文化が身近になり、また添加物を含む食べ物を口にする機会が増えてきている事を考慮するとこの数字は近い将来もっと下がると予想されます。
    実際1993年には90万人の寝たきり生活患者が2000年には120万人まで増えてしまいました。いくら80歳以上の平均寿命を誇っていても10年以上他人の手を借りて生活をする、もしくは寝たきりの生活をする事になると本当に健康大国と言えますでしょうか?

    スウェーデンと比較をするとスウェーデンの老人で寝たきり生活の割合は4%ですが日本は10倍以上の48パーセントと言われております。また寝たきり患者の半数以上が転倒での骨折や年齢による衰弱等であり、生活習慣を改めれば防げる理由が原因となっています。

    *1http://hh-shika.com/img/reason/newssource.pdf

    健康寿命を延ばす方法

    では何故外国は日本と比べて健康寿命が長いのかという疑問が生まれます。確かに色々な不確定要素はあると思います。
    ですが不確定要素だけを見て「どうせ私は日本人だからしょうがない」と思ってしまうのはあまりにももったいないです。
    自分自身で出来る事を行う事で、確実に健康寿命は延ばせます。
    統計で見てみるとアメリカのフィットネス参加率は20%を超えますが、日本は3パーセントしかありません。こちらを見るだけでも日本人がどれほどトレーニングの大切さを見落としているか分かります。

    2020年には流行り病もあり地球上に住む人々の健康への意識が大変高まって来ております。
    その中で今注目をあびているのがフィットネスクラブでのトレーニングです。
    トレーニングというと多くの方がイメージするのは重い重量を上げたり、きつい事を耐えながらやったりとマイナスなイメージが多いです。
    ですが実際はその人にあったトレーニング方法がありその人にあったトレーニング強度があります。
    ですがこちらを正しい方法で行わないと結果に繋がらなかったり、怪我をしてしまったりしてしまいます。
    そこでまずはトレーニングの専門家のいるジムに通う事を推奨いたします。
    トレーニングはマッチョになるとか力持ちになるだけではなく骨、腱の強化や心肺機能、循環機能の向上にも繋がり健康な身体を手に入れ、維持する目的も含まれます。

    ゴールドジムに通うメリット

    フィットネスクラブに通うと言っても多くのフィットネスクラブがあり、どのクラブへ入会するか多くの方が迷うところだと思います。
    まずは継続的に通えるのが第一条件です。入会したが月に2,3回程しか通えない場所にあるとなると長続きしません。
    まずは通える場所にあるジムを選んでください。
    中には色々と選択肢があり、その中にゴールドジムがある方もいらっしゃると思います。
    ですがゴールドジムはちょっと敷居が高いと感じてしまう方も少なくないとは思いますが実際はイメージとは違い、初心者の方に向けたトレーニングメニューもご用意しており、初心者の方やマッチョになりたくない方でも大変通いやすくなっております。
    またゴールドジムで勤務しているトレーナーは幅広い分野での競技経験があり専門知識を持っており、必ず個人にあったトレーニングのご案内を出来る知識とそれを可能にする施設が全ての店舗に存在します。

    トレーナーの一例

    私は日本で生まれ7歳の時に渡米し16年間アメリカで過ごしました。8歳の時に野球と出会い以来20年以上野球をやってきました。
    2009年のメジャーリーグドラフトで13巡目にサンディエゴパドレスから指名がかかりましたが、契約はせずその翌年の2010年NPBドラフトで6巡目に千葉ロッテマリーンズから指名を受け契約し、4年間プロ野球界で活動致しました。
    元々野球の素質は乏しかったのですが、どうしてもプロ野球に入りたく他の倍以上の練習をした事もあったのですが結果何度も怪我をしてしまい、練習量を増やす事すら出来ない自分に腹を立てた時期が続きました。
    ですがそこで色々と考え、効率の良い練習とトレーニング法を覚え機能向上につながる事となります。
    その時の経験から効率よく筋肉に効かせる、効率よく重量を上げる、効率よく心拍数を上げる、効率よく機能向上をする等色々な角度からの指導が可能になりました。
    またお時間の無い方には効率よく乳酸を貯め、成長ホルモンの分泌を高める加圧トレーニングも行っております。
    自分の健康は自分で守る時代になりつつある今だからこそフィットネスの世界に一歩踏み入れては?

    皆様の悩みを解消するお手伝いをさせて頂きたいので是非ご来館頂ければ幸いです。心よりお待ちしております。

    作成:藤谷 周平(ゴールドジムトレーナー)
    プロフィールリンク

     

    コメントを残す